マスクを着けられない方へのご理解をお願いします

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1012263  更新日 令和3年6月8日

印刷大きな文字で印刷

マスクを着けることが難しい人への配慮

マスクを着けることが難しい人がいます

新型コロナウイルス感染防止対策のため、外出時はマスクを着用することが新しい生活様式の一つとされていますが、障がいや病気などさまざまな事情により着けたくても着けられない人たちがいます。

発達障がい、感覚過敏、皮膚の病気、呼吸器の病気など、さまざまな原因で、マスクを着けると肌に痛みを感じたり、気分が悪くなったり、体に異変が生じてしまう人たちです。

社会全体の理解が必要です

マスクの着用が当たり前となった今、マスクを着けていない人を見たら、まずは「何か事情があるのかもしれない」と想像してみてください。障がいや症状があってマスクをつけられない人がいることを知り、その特性や事情を理解し、お互いに思いやりの心を持って過ごしましょう。

意思表示をして理解してもらう

障がいや病気などでマスクの着用が困難な方は、「マスクをつけられません」と周囲にお知らせをする意思表示カードなどを携帯し、理解してもらえるように工夫する方法があります。

関連リンク

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

高齢・障がい福祉課
〒516-8601 三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号 東館1階
〔高齢福祉係〕電話:0596-21-5559
〔障がい福祉係〕電話:0596-21-5558
ファクス:0596-20-8555
高齢・障がい福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。