新型コロナウイルス感染拡大抑制に向けた「身体障害者手帳」の再認定及び「療育手帳」の再判定の取扱い

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1012926  更新日 令和3年8月31日

印刷大きな文字で印刷

身体障害者手帳の再認定及び療育手帳の再判定の期日について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を引き続き抑制する観点から、さらに延長となりました。

身体障害者手帳については、「再認定年月」を1年間延長するとともに、療育手帳については「次の判定年月」の1年間延長が可能となっています。

手続き等は以下をご確認ください。

身体障害者手帳

対象者

  • 「再認定年月」欄に記載されている年月が「令和3(平成33)年3月から令和4(平成34)年3月」のすべての身体障害者手帳所持者の再認定時期を1年間延長します。
  • 「再認定年月」欄に記載されている年月が「令和2(平成32)年7月から令和3(平成33)年2月」のすべての身体障害者手帳所持者の再認定時期を1年間再延長(1年間延長済みのところ、さらに1年間再延長し、合計2年間延長)します。

延長方法

  • 市から送付される「再認定を延長することを記した文書」(6月15日付け対象者へ送付)を、身体障害者手帳と一緒に所持します。

療育手帳

対象者

  • 「次の判定年月」欄に記載されている年月が「令和3(平成33)年3月から令和4(平成34)年3月」の療育手帳所持者のうち、延長を希望する方の再判定時期を1年間延長します。
  • 「次の判定年月」欄に記載されている年月が「令和2(平成32)年7月から令和3(平成33)年2月」の療育者手帳所持者のうち、「次の判定年月」を1年間再延長(1年間延長済みのところ、さらに1年間再延長し、合計2年間延長)します。

延長方法

  1. 延長・再延長申出書を伊勢市へ提出します。
  2. 三重県が次の判定年月を延長することを記した延長証明書を交付します。
  3. 上記証明書を療育手帳と一緒に所持します。

再判定を希望する場合は、通常通り判定を受けることができます。 

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

高齢・障がい福祉課
〒516-8601 三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号 東館1階
〔高齢福祉係〕電話:0596-21-5559
〔障がい福祉係〕電話:0596-21-5558
ファクス:0596-20-8555
高齢・障がい福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。