子ども・子育て支援新制度

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002286  更新日 令和2年4月1日

印刷大きな文字で印刷

平成24年8月、幼児期の教育・保育や、子育て支援の充実を図るため、「子ども・子育て支援法」が公布されました。
この法律と関連法に基づき、幼児期の教育・保育や、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていく「子ども・子育て支援新制度」が、平成27年4月に本格スタートします。
平成27年4月以降入所(園)の場合、新制度の開始に伴い、幼稚園・保育所・認定こども園の利用手続きが変わります。
※私立幼稚園については、新制度に移行する園と現行制度のまま継続する園があります。

フロー図:新制度イメージ

フロー図:新制度における申し込み方法

3つの認定区分

新制度では、幼稚園・保育所・認定こども園などを利用する場合、認定を受ける必要があります。認定は、保護者の就労状況や希望に応じ、「教育標準時間認定」「満3歳以上・保育認定」「満3歳未満・保育認定」の3つに区分されます。さらに、保育認定を受ける場合は、「保育の必要量」により「保育標準時間」「保育短時間」に分かれます。

認定区分 認定内容 利用先

1号認定

(教育標準時間認定)

満3歳以上で、教育を希望する場合 幼稚園
認定こども園

2号認定

(満3歳以上・保育認定)

満3歳以上で、保育を必要とする場合
  • 満3歳以上保育標準時間
  • 満3歳以上保育短時間
保育所
認定こども園

3号認定

(満3歳未満・保育認定)

満3歳未満で、保育を必要とする場合

  • 満3歳未満保育標準時間
  • 満3歳未満保育短時間

保育所

認定こども園

保育の必要量

「保育の必要量」は、保護者の就労状況などにより、次のいずれかに分かれます。

  • 保育標準時間利用
    フルタイム就労を想定した利用時間(最長おおむね11時間)
  • 保育短時間利用
    パートタイム就労を想定した利用時間(最長おおむね8時間)

※子ども・子育て支援新制度について詳しくは、内閣府のホームページをご覧ください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

保育課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館2階
電話:0596-21-5714
ファクス:0596-21-5555
保育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。