伊勢市移住促進対策空き家改修支援事業

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004963  更新日 令和2年10月22日

印刷大きな文字で印刷

概要

三重県外から伊勢市に移住を行う方(UIJターン)や 移住を行う方に空家を貸す方が、伊勢市内に存在する空家・空建築物を住宅(店舗併用住宅を含む)として使用するために必要となる改修費用についての補助を行います。

移住対象者は?

下記の条件を全て満たす方

  • 三重県外に6ヶ月以上在住している方で、伊勢市内の空家に移住する方
  • 移住後、10年以上市内に在住する方

対象となる空家は?

伊勢市内にあり、現に使用されていない住宅又は建築物で、賃貸共同住宅でないもの。ただし、耐震性が不足している場合は耐震性の確保が条件となります。(昭和56年5月31日以前に着工された旧耐震基準の木造住宅は、耐震補助制度を受けることもできます。)

対象の工事は?

リノベーションやリフォームなど、空家や空建築物を住宅(賃貸共同住宅を除く、店舗併用住宅を含む)として使用する上で、多様なライフスタイルを実現するための工事です。ただし、外構工事や容易に取り外しができる物(エアコン等)を設置する工事などは対象外となります。また、工事完成後、当該年度の2月末日までに実績報告を提出していただく必要があります。

補助額は?

工事費の3分の2(上限200万円)を補助します。

申込期間は?

随時受け付けておりますが、予算に限りがございますのでご注意ください。また、申込年度の2月末日までに工事を完了し、実績報告書を提出していただく必要がありますので、ご注意ください。

申込方法

補助金交付申請書に次の1~6に掲げる書類を添付して住宅政策課に申請してください。

  1. 改修工事の見積書
  2. 平面図、立面図、断面図等の、改修の内容がわかる図面
  3. 耐震診断結果報告書または、昭和56年6月1日以後に建築工事に着工したことを証明する書類
  4. 移住対象者が三重県外に6ヶ月以上居住していることがわかる書類
  5. 不動産登記事項証明書など、対象物件が確認できる書類
  6. 空家を貸す方が申請する場合は移住者との賃貸契約書

※補助金を受けていただく場合の対象要件や、補助金の活用をお考えの方は、必ず事前に住宅政策課までお問い合わせください。(予算に限りがございますのでご注意ください。)
なお、補助金申請前に工事の契約・着工を行った場合は、補助金を受けることができませんのでご注意ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

住宅政策課空家対策係
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
本館4階
電話:0596-21-5597
ファクス:0596-21-5585
住宅政策課空家対策係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。