〔季節・冬〕暖房器具などでのやけどやけが

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005534  更新日 令和2年3月31日

印刷大きな文字で印刷

消費者庁には、暖房器具等による6歳以下の子供の事故情報が357件寄せられており、その約7割に当たる240件がやけどの事故でした。
事故は11月から増え始め、12月、1月がピークとなっています。
事故の中には、自宅ではなく祖父母宅などの、外出先で発生したものもありました。
自宅では使用しておらず使い慣れていない製品の危険性については、保護者にとっても認識しづらいものです。また、子供は好奇心が旺盛で、見たことのない製品があれば触りたがることも考えられます。お正月の帰省等で自宅以外に滞在することが増える時期でもありますので、特に注意しましょう。

消費者庁が主な事故事例と注意情報をまとめていますので、次のページをご覧ください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-21-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。