2020年5月15日 新型コロナ10万円給付詐欺・マスクの送り付けに注意!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009529  更新日 令和2年5月15日

印刷大きな文字で印刷

【注意】特別定額給付金の支給に便乗した詐欺が全国で増加しています

イラスト:給付金詐欺

主な手口

  • ATMの操作を求める
  • 受給にあたり手数料の振り込みを求める
  • メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求める
伊勢市や総務省がこうした依頼をすることはありません!
キャッシュカードの暗証番号や口座番号・マイナンバーを教えたり、キャッシュカードやマイナンバーカードを預けたりすることは、絶対にやめましょう!

相談事例

  1. 特別定額給付金の代理申請業務を行う団体を名乗る者から電話で個人情報や口座情報を聞かれた
  2. 特別定額給付金とマイナンバーカードの申請代行をするとの電話があった
  3. 役所を騙ったメールが届き、金融機関の口座番号を入力するよう求められた
  4. 「インターネットサービスを一定額以上利用した人にお金を給付する」というメールが届いた

アドバイス

電話やメールが犯罪被害の入り口になっています。
少しでもおかしいと感じたら、電話はすぐに切り、消費生活センターか最寄りの警察署、以下の専用電話で相談してください。

相談機関と電話番号
相談機関 電話番号 相談受付時間 備考
伊勢市消費生活センター 0596-21-5717 9時から12時、13時から16時 土曜、日曜、祝日を除く
消費者ホットライン 188(局番なし)    
伊勢警察署 0596-20-0110    
警察相談専用電話 #9110    
新型コロナウィルス
給付金関連消費者ホットライン
0120-213-188    

『特別定額給付金』に関するお問い合わせは、総務省の『特別定額給付金コールセンター』
フリーダイヤル:0120-260020 までお願いします。

マスクの送り付けに関する相談が急増中!

「注文していないマスクが届いた!」という相談が急増しています。

対処法

  1. まず落ち着いて、誤配ではないか、荷物の宛先になっている「住所」「氏名」を確認してください。
  2. 宛先に間違いがなければ、家族が注文していないか、誰かからのプレゼントの可能性はないか確認してください。
  3. 「マスクを買いませんか。」という電話がなかったか、家族にも確認してください。
    電話で注文してしまったという場合は、クーリング・オフできます。商品の受け取りから8日以内に通知を出す必要がありますので、できるだけ早く消費生活センターに相談してください。
  4. 発送元に記載されている会社とは別の会社にマスクを注文している場合は、販売会社が発送業務を別の会社に委託している場合があります。
    注文したサイトで発送状況を確認するか、ホームページの記載を確認し、メールなどで販売元に問い合わせてください。
  5. 上記のどれでもない場合は、発送元に連絡せず、14日間そのまま保管しておいてください。14日間経過後は自由に処分して結構です。
    未開封の場合は受け取り拒否することもできますので、配達した事業者に相談してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。