2020年9月17日 『架空請求』新手口公開について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1010500  更新日 令和2年9月17日

印刷大きな文字で印刷

公的機関等を名乗る架空請求に注意

手紙の現物を提供していただきました!

写真:架空請求文書

写真:封筒

このような茶封筒でポストに届いていたそうです。
岐阜県の消費生活センターにも、同じような内容の封筒が「弁護士事務所から届いた。」という相談が寄せられています。

裁判所からの通知は『特別送達』という特別な郵便で送付され、本人に直接手渡しされます。ハガキや普通郵便で、郵便受けに入れられることはありません。
架空請求の手紙やハガキは「訴訟」や「差し押さえ」などの言葉を使って不安をあおり、電話をかけさせようとします。この番号に電話をかけてしまうと、個人情報を聞き出され、弁護士費用・訴訟費用などの名目で金銭を請求されます。
また、悪質業者の『カモリスト』に名前が載ってしまい、別の悪質業者から詐欺電話がかかってくる可能性もあります。

慌てて電話をかけないで!架空請求のハガキや手紙は無視してください。
おかしいと思ったら、すぐ、消費生活センターに相談してください。

弁護士事務所や債権回収業者からの手紙やショートメールは、”本物”の場合があります。
弁護士事務所や債権回収業者の公式ホームページを確認し、手紙に記載されている事務所の住所・連絡先などが間違いないか、確認してください。
10年以上前の借金などの場合、時効が成立している可能性があります。弁護士事務所や債権回収業者に連絡する前に法律相談しましょう。
手紙の内容に心当たりがなければ、公式ホームページに記載の電話番号に連絡し、事情を説明してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。