2022年3月28日 賃貸住宅でのトラブル

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1013771  更新日 令和4年3月28日

印刷大きな文字で印刷

〈若者向け注意喚起シリーズ10〉住居の賃貸契約

トラブル防止のポイント

契約時:契約書類の記載内容や賃貸物件の現状をよく確認しましょう

内見(部屋の現状確認)は必ずしましょう

「賃貸マンションをインターネットで見て契約したが、周囲の環境(日当たりや騒音など)や部屋の臭いなどが我慢できなくてすぐ解約した。入居月と翌月の家賃は払わなければならないのか。」という相談もありました。

契約前に書類の内容をよく確認しましょう

  • 特に、禁止事項、修繕に関する事項、退去する際の費用負担に関する事項や、特約について必ず確認しておきましょう。
  • 入居前に、できる限り貸主側(大家や管理会社)と一緒に賃貸物件の現状を確認しておきましょう。
    入居前からあったキズや汚れ等の写真を撮っておくと、退去時のトラブル防止につながります。

入居中:入居中のトラブルは貸主側にすぐ相談しましょう

  • 雨漏りやトイレの水漏れ等のトラブルが発生したら、すぐに貸主側に連絡し、どうすればよいか相談しましょう。
    貸主側に無断で修理すると、料金の精算でトラブルになる場合があります。
  • 賃貸物件はあくまで借りているものであることを意識し、日頃からできるだけきれいに使うことを心がけましょう。

退去時:精算内容をよく確認し、納得できない点は貸主側に説明を求めましょう

  • 賃貸物件の退去時は、入居時と同様に、できる限り貸主側と一緒に賃貸物件の現状を確認しましょう。
    その際、確認した内容をメモに残したり、修繕が必要と思われる箇所の写真を撮ったりして、証拠となる記録を残しておくことが大切です。
  • 納得できない費用を請求された場合には、国土交通省が定めている「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参考に、貸主側に説明を求め、費用負担について話し合いましょう。
    請求費用に納得できない場合は、「消費生活センターや弁護士などに相談してみる」と事業者に告げ、その場で確認書などの書類にはサインしないようにしましょう。

※賃貸住宅契約時は、下記リンク中の『契約書のチェックポイント』シートをご活用ください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。