2020年2月7日電気ストーブや電気こたつの火災に注意!!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1008852  更新日 令和2年2月7日

印刷大きな文字で印刷

火を使わない電気ストーブや電気こたつでも火災が発生しています

一年で一番寒い時期を迎えています。この時期は、電気ストーブや電気こたつによる火災が最も多く発生する時期です。

特に65歳以上の高齢者で死者及び負傷者が多くなっており、高齢者が使用する際には十分な注意が必要です。

消費者庁から「電気ストーブや電気こたつの火災に注意しましょう!・・・」が発表されています。

一部を抜粋し、掲載しましたので、参考にしてください。

詳しくは、消費者庁のホームページにアクセスをお願いします。

事故防止のため、必ず実行しよう!

電気ストーブ、電気こたつを使用する際の事故防止策

(1)外出時や暖房機の設置場所を離れるときや就寝時は、暖房機の電源を切り、電源プラグをコンセントから抜く。
外出時は、電気ストーブ、電気こたつなどの暖房機のコンセントを抜くイラスト
外出(離れる)時は、暖房機のコンセントを抜く
電気ストーブがべットに近いイラスト
電気ストーブを使用したまま就寝しない
(2)洗濯物の乾燥などに、電気ストーブや電気こたつを使用しない
電気ストーブで洗濯物を乾かすイラスト
洗濯物が電気ストーブに接触し火災になる
こたつの中にいれた洗濯物がヒーターに接触すると発火し、火災となるイラスト
こたつの中にいれた洗濯物がヒーターに接触すると発火し、火災となる
(3)スプレー缶やライターなどを電気ストーブの近くに置かない。電気こたつの中に入れない。

電気ストーブの前にスプレー缶を放置状態を示すイラスト

電気ストーブの近くに置いたり、電気こたつの中ヘアスプレーや殺虫剤、ライターなどを入れないこと!
※高温になると、熱でスプレー缶内の圧力が上がり、爆発や火災の原因になる。

電気ストーブ設置時の注意点

こたつの中に座椅子を押し込むことは危険を示すイラスト

取扱説明書等に示されている距離を取って設置する。
カーテン、布団、新聞など燃えやすいものの近くで使用しない

電気こたつ使用中にやってしまう注意点

こたつの中に座椅子を押し込むことは危険を示すイラスト

布団、座布団や座椅子などを電気こたつ内押し込まない。
※布団などがヒーターに接触すると発火し、火災の原因となる。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-21-5651
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。