2021年6月9日 美容医療サービスのトラブル

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1012070  更新日 令和3年6月9日

印刷大きな文字で印刷

若者向け注意喚起シリーズ<1>

美容医療サービスのトラブル防止のポイント

グラフ:年度別に見た10歳代と20歳代の相談件数

全国消費生活情報ネットワークシステム(PIO-NET)によると、近年10歳代、20歳代の若者が契約当事者になっている相談が、件数・割合ともに増加しています。また、成人を迎えた20歳代の相談件数は、10歳代の未成年者に比べ10倍以上増加する傾向にあります。契約購入金額の平均は、10歳代で42万円、20歳代で66万円と高額化する傾向にあります。

プチ整形でもリスクがないわけではありません。医師などに説明された施術方法や、施術に伴う副作用や合併症、一般的な費用などについても、よく調べて納得してから契約するようにしましょう。

2022年4月から『18歳で大人』に!

未成年者がした契約は親の同意がなかった場合などに取り消すことができますが、成年年齢に達した者がした契約は、原則として一方的に解約することはできません。
不安に思った時、トラブルにあった時は早めに「188」に相談しましょう。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。