2021年11月20日 SNSをきっかけとした消費者トラブルに注意!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1013205  更新日 令和3年11月20日

印刷大きな文字で印刷

広告の内容はしっかり確認しましょう

SNSで知り合った相手が『本当に信用できるか』慎重に判断を!

チラシ:SNSをきっかけとした消費者トラブル防止のポイント

相談の多い事例

  1. 「写真を送信するだけで月に100万円から200万円稼げる」というSNSの広告を見て副業サイトに登録した。情報商材(マニュアル)を購入したあと、高額なサポートプランの契約をしたが、全然稼げない。
  2. SNSで知り合った相手とやり取りをしていたところ、「携帯が壊れたので、別のサイトでやり取りをしよう。」と誘われて出会い系サイトに登録した。相手と連絡先を交換するために、高額なポイント代を支払ってしまった。
  3. スマートフォンでSNS広告を見て1回のみのお試しと思い除毛クリームを注文した。2回目が届いたので販売店に電話したら、知らないうちに定期購入の契約になっていて、4回買うまで解約できないと言われた。

トラブル防止のポイント

  1. SNS上の広告はしっかり内容を確認しましょう。
    1. 大幅な値引きや低価格の広告に注意 → 偽サイトの可能性があります!
    2. 商品の効果を過剰にうたうSNS上の広告に注意
    3. インターネットショッピングなどの通信販売にはクーリング・オフ制度がありません!
      注文を確定する前に、契約内容(定期購入になっていないか、送料はいくらかなど)をしっかり確認しましょう。
  2. SNS上で知り合った相手が本当に信用できるか慎重に判断しましょう。
    1. 「簡単にもうかる」「損はしない」などの投稿やメッセージはうのみにしない!
    2. 副業などの契約をしようとする場合は、契約前に、事業者の住所・名称・連絡先などが正しく記載されているか、事業の内容について問題はないか、インターネットなどを使って調べてみましょう。
      ※お金を支払ったとたん相手と連絡が取れなくなることもあります。相手がどこの誰かもわからなければ、返金を求めることもできません。

SNSを利用するにあたっては次の点にも注意しましょう

  • 学生証、運転免許証、健康保険証などの身分証明書の情報をSNSで送ってしまうと、より大きなトラブルに発展することがあります。いったん流出した個人情報を、あとで取り戻すことは非常に困難です。絶対に渡さないようにしましょう。
  • SNS上に投稿された情報は、拡散すると完全に消去することは不可能です。個人情報や自分の写真の投稿(写真の位置情報含)、身元が分かるような書き込みはしないように注意しましょう。
中学生や高校生のトラブルも発生しています。家族でSNSの利用方法を話し合うとともに、ペアレンタルコントロールやフィルタリング機能も活用しましょう。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。