【注意】消費者被害情報

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005538  更新日 令和2年10月6日

印刷大きな文字で印刷

最近増加している消費者被害情報

被害(1)「毎月最低30万円分のビットコインを受け続けることができる」とうたう業者にご用心!

インターネット上で「誰でも簡単に仮想通貨で稼げる」などの広告し、投資に誘います。
「費用を支払ったものの、想定していた収益が得られなかった」などの相談が多く寄せられています

被害(2)「プロジェクトに参加するだけで、毎日1万円収入の最低保証」とうたう業者にご用心!

メールマガジンなどの広告で、「金と銀のプロジェクト」のウェブサイトへ消費者を誘導します。

  1. 次の言葉を使い誘います。
    「毎日最低1万円の収入保証!」「月利20%継続保証!」「孫の世代までも保証!」
  2. 1を得るために、プロジェクト参加を促し、参加費用(約30万円)を支払支払わせます。
  3. その後、さらに儲かるコースを勧誘します。

実際には、投資額が目減りする」などの被害が拡大しています。

被害(3)「レンタルオーナー契約によるトラブル」にご用心!

商品を購入しオーナーとなり第三者にレンタルすることで、高額のレンタル料金振り込まれると勧誘します。
※レンタルオーナー契約とは、購入した商品を業者に一定期間持ち主として貸し出す契約をいいます。

  1. 次のことばを使い誘います。
    「元本保証!」「高収益・高配当!」「レンタル料は銀行に預けるより高収益になる!」
    あたかも投資や出資、預金の契約であるかのような勧誘をしています。
  2. 何回か振込みしたあと、口数を増加させた後、業者との連絡が途絶えます。

いずれ業者は破綻し、レンタル料が受け取れず元本も戻らなくなります。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。