【詐欺】「キャッシュカードすり替え」、所得などを聞く「アポ電」に注意!!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005606  更新日 令和2年2月21日

印刷大きな文字で印刷

伊勢市内で警察官をかたる男にキャッシュカードを盗まれ、ATMから100万円引き出される事件が発生しました。

事件概要

平成31年3月29日10時頃「口座から不正に金が引き出されている。カードを確認するため、捜査員を向かわせる。」という電話がかかってきた。
訪れた警察官を名乗る男にキャッシュカード2枚と暗証番号を書いた紙を渡したところ、男は持参した封筒にそれらを入れ「封印するので印鑑を持ってきてほしい。」と要求。被害者が印鑑を取りに行っている隙に、キャッシュカードがすり替えられ、盗難された。

注意してください!

伊勢市内でも犯罪予兆電話(家族構成や所得状況を聞きだす「アポ電」、振り込め詐欺など)が連日発生しています。
不審な電話はすぐに切り、家族や消費生活センター、伊勢警察署(電話:0596-20-0110)に相談してください。

一人暮らしの高齢者が振り込め詐欺などの被害にあったり、電話セールスを断り切れず不要な商品を買ってしまった、電話で訪問日時の約束をしてしまい押し買いの被害に遭った、という相談もあります。
高齢者は固定電話から消費者被害に遭う傾向があります。

  • 固定電話は常に留守番電話にしておき、相手を確認してから出るようにする
  • 固定電話を録音機能付または迷惑電話防止機能付の電話に交換する
  • 固定電話は休止にして携帯電話を利用し、登録してある番号以外には後で確認してから出るようにする

などの対策を取るよう、家族で話し合ってみてはいかかでしょうか。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。