高齢者への電話セールス販売

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003020  更新日 令和2年1月14日

印刷大きな文字で印刷

一人暮らしの高齢者に電話勧誘販売

相談内容

一人暮らしの母親が、電話セールスでいろんな食料品を買わされている。高齢ではあるが、しっかりしているため、電話で説明を受けて購入しているようである。
しかし、届いた荷物はそのままになっており、食品によっては腐っているものもあった。
事業者に、以後電話をかけないように連絡し、着信拒否の設定をしたにもかかわらず、違う番号からかけてくるようで、一ヶ月に2~3個の荷物が届く。どうすればよいか。

アドバイス

電話セールスによる電話勧誘販売は、8日間以内ならクーリング・オフできます。クーリング・オフの手続きをし、受け取り拒否するか、着払いで荷物を送り返しましょう。
商品受け取りから8日を過ぎていてもクーリング・オフできる場合もありますので、消費生活センターに相談してください。
上記ケースの場合、成年後見人制度の利用も検討してみてはどうでしょうか。

※一人暮らしの高齢者の方をねらった悪質業者の訪問販売、電話勧誘販売の相談が増えています。ご自分のご両親はもちろんのこと、一人暮らしの高齢者は、地域で気にかけて見守っていきたいですね。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。