名勝宮川堤保存管理指針

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002246  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

本指針は、三重県の名勝として指定された「宮川堤」を適切に保存して次世代へと引き継ぐため、桜の管理、更新及び復元、その他名勝の構成要素に必要な基本方針等を定めたものです。

基本方針

名勝宮川堤は、桜並木の規模に鑑賞上の価値が高く、古くから桜の名所であり、近代以降の官民一体の保存、植樹活動により育まれた貴重な景勝地です。
また、松井孫右衛門人柱堤をはじめ、今に残る過去の治水の痕跡は、近世の土木遺産としても重要な要素です。
宮川堤は、行楽や治水といった人間活動と密接に関わりつつ形成され、維持管理されてきたことから、積極的かつ計画的な名勝構成要素の保存管理を行い、桜の更新及び復元を図るものです。

※詳しくはダウンロードファイルをご参照下さい。
また、ダウンロードファイルは容量を小さくするため、目次に示されているページ数を区切りとして、複数に分けました。そのため、文章が途中から始まっていたり、途中で切れているファイルがあったりしますが、その前後に文章の続きがあります。ご了承ください。

第1章 名勝指定と指針策定の目的 1ページ

第1節 三重県名勝「宮川堤」の指定 1ページ

  1. 指定の経過 1ページ
  2. 指定告示 1ページ
  3. 指定範囲 1ページ

第2節 目的と策定に至る沿革 3ページ

  1. 指針策定の目的 3ページ
  2. 指針策定の沿革 3ページ
  3. 策定の体制 4ページ

第2章 名勝の概要と構成要素 5ページ

第1節 概要 5ページ

  1. 自然的環境 5ページ
  2. 歴史的環境 6ページ
  3. 社会的環境 8ページ
  4. 名勝の現状変更と管理状況 9ページ

第2節 三重県名勝「宮川堤」の本質的価値 11ページ

第3節 構成要素 12ページ

  1. 名勝を構成する要素 12ページ
  2. 名勝の周辺環境を構成する要素 19ページ

第3章 保存管理、桜の更新及び復元 23ページ

第1節 基本方針 23ページ

第2節 保存管理、桜の更新及び復元方法 24ページ

  1. 保存管理、桜の更新及び復元の課題 24ページ
  2. 保存管理、桜の更新及び復元の方法 25ページ

第3節 周辺環境の保存管理等 26ページ

第4節 現状変更等の取扱 27ページ

  1. 三重県文化財保護条例の規定 27ページ
  2. 許可申請又は同意の協議を要しない行為 27ページ
  3. 許可申請又は同意の協議を要する行為 29ページ
  4. 現状変更等の取扱基準 30ページ

第4章 今後の課題 33ページ

付図 桜分布図(堤防改修前) 33ページ

付表 桜一覧表(堤防改修前) 34ページ

写真 現況写真(堤防改修前) 45ページ

参考資料 48ページ

関係法令 59ページ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化振興課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地
小俣総合支所2階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-23-8641
文化振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。