小津安二郎監督生誕120年記念講座 受講者募集します【終了しました】

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1015171  更新日 令和5年12月28日

印刷大きな文字で印刷

“世界のOZU”を育んだ伊勢の地と山中(やまちゅう)
~「小津安二郎日記」「竹内浩三日記」にみる学生生活~

小津安二郎監督と竹内浩三は、ともに宇治山田中学校(現・宇治山田高校)在学中に日記をつづっていました。
前回までの講座では、それぞれの日記を通じて学生生活や映画の道を志した目覚めを探ってきました。
最終回は、映画「晩春」の解説に加え、二人の共通点や相違点について、岩岡太郎研究員と山本翔麻学芸員が対談します。

1~4回の講座を振り返りながら話をしますので、初めての方でも受講していただけます。
定員100名ですが、まだまだ余裕がありますので、ぜひ、お申し込みください。

申込先:社会教育課へ電話で申し込んでください。(0596-22-7886)
※オンライン受講の場合は、下記の申請フォームから申し込んでください。

申込期限:10月27日(金曜)16時30分まで(但し、会場参加のみ、定員に達しない場合は当日受講可)

小津安二郎監督と竹内浩三は、ともに宇治山田中学校(山中)に在学中「日記」を綴っていました。
講座では、二人の日記を通して、学生生活や映画の道を志した“目覚め”を探ります。

講座開催日時・内容

開催日時

テーマ 講師
1

令和5年5月20日(土曜)

10時から11時30分

終了

“世界のOZU”作品と映画の系譜、
伊勢との関わり(総論)
吉村英夫さん(映画評論家)
2

6月24日(土曜)
10時から11時30分

 

終了

「小津日記」にみる
小津監督の学生生活(1)

岩岡太郎さん
(小津安二郎松阪記念館研究員)
3

7月22日(土曜)
10時から11時30分

終了

「竹内日記」にみる
竹内浩三の学生生活

山本翔麻
(伊勢市文化政策課学芸員)
4

9月23日(土曜)
10時から11時30分

終了

「小津日記」にみる小津監督の映画への目覚め(学生生活(2)) 岩岡太郎さん
(小津安二郎松阪記念館研究員)
5 10月28日(土曜)
10時から12時
  • 小津作品上映会の解説
  • 「小津日記」「竹内日記」から見えてくるもの
岩岡太郎さん
(小津安二郎松阪記念館研究員)
山本翔麻
(伊勢市文化政策課学芸員)
※後半に受講者とのディスカッションあり

 

開催場所
伊勢市生涯学習センター(いせトピア) 3階 研修室1・2
定員
会場受講は100人まで、オンライン受講(ZOOM)は50人程度
料金
会場受講のみ、1回100円(資料代)第5回(10月28日)は無料
※オンライン受講は無料。資料データは配信します。

申し込み

令和5年4月20日から、下記の受講方法に合わせて申し込んでください。

連続受講を基本としますが、各回ごとの申し込みも可能です。

申込方法
会場受講月から金曜日、9時から16時30分に社会教育課へ電話(0596-22-7886)
オンライン受講下記のリンク先から申請してください。
主催
伊勢市教育委員会
共催
小津安二郎監督生誕120年記念事業実行委員会
後援
松阪市・松阪市教育委員会・本居宣長記念館・竹内浩三を伝えゆく会
協力
明倫地区まちづくり協議会

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

社会教育課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地
小俣総合支所2階
電話:0596-22-7886
ファクス:0596-23-8641
社会教育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。