土地開発事業指導要綱の改正

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005061  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

平成23年4月1日から伊勢市土地開発事業指導要綱が新しくなりました。

主な変更内容

  1. 都市計画区域外の1,000平方メートル以上3,000平方メートル未満の開発行為が適用対象外となりました。
  2. 道路位置指定申請のうち、築造した道路を伊勢市に帰属する場合に限り、開発指導要綱に基づく事前協議が必要となりました。
  3. 検査済証(適合証、指定証)交付後、公共施設等用地の所有権移転を行ない、移転完了をもって管理引継ぎを行なうこととなりました。ただし、事業者の方には、所有権移転後2年間は、かし担保責任を負っていただきます。
  4. 開発納付金制度が廃止されました。既に施工中の開発行為については、残額分が0円となります。

注意

3について、既に開発行為が完了しているもの、及び現在施工中のものに関しては、対象外となりますので、従前どおり、管理引継申出書を提出していただきますようお願いします。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

都市計画課開発調整係
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
本館4階
電話:0596-21-5592
ファクス:0596-21-5585
都市計画課開発調整係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。