通電火災に注意してください

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1010245  更新日 令和2年7月16日

印刷大きな文字で印刷

令和2年7月豪雨により、九州地方をはじめ各地で様々な被害が発生しております。
当市においても、日頃から大雨等による水害に警戒しなければなりません。
もしも、水害が発生すると、広範囲にわたる長時間停電の発生が懸念されます。
停電からの再通電時において、電気機器又は電気配線からの火災が発生するおそれがあります。
水害等により停電が発生した場合は、以下のように対応してください。

  1. 停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから離脱すること。
  2. 停電中に自宅等を離れる際はブレーカーを落とすこと。
  3. 再通電時には、次の項目を十分に確認してから電気機器を使用すること。
    1. 漏水等により電気機器等が破損していないか
    2. 配線やコードが損傷していないか
    3. 燃えやすいものが近くにないか
  4. 建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電から長時間経過した後、火災に至る場合があるため、煙の発生等の異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防本部に連絡すること。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

消防本部・予防課
〒516-0014
三重県伊勢市楠部町159番地11
消防本部3階
電話:0596-25-1263
ファクス:0596-29-0134
消防本部・予防課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。