「救急」の場合の119番通報

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1008639  更新日 令和2年1月30日

印刷大きな文字で印刷

「救急」の場合の119番通報

119番通報では、短い時間で多くの情報を得ることが大切になります。ですが通報者が慌ててしまい、必要な情報を正確に得ることができないことも少なくありません。このページでは、実際に119番通報をする時に、戸惑うことが無いよう会話例を記載しております。万が一の時のため、一度目を通しておくことをおすすめします。

会話の例

消防署の問いかけ

通報者の通報内容

119番伊勢消防です。火事ですか?救急ですか?

救急です。

あなたのお名前と住所を言ってください。

名前は、××××です。

住所は××町××番地××

近くに、何か目標がありますか? ××の隣です。
いまお使いの電話番号を言ってください。 0596-××-1234です。
どうされましたか?
  • 【急病】子どもが頭を痛みを訴えています
    年齢・性別・病気・かかりつけ病院等
  • 【交通事故】車と車の事故で、運転手がケガをしています。
    年齢・性別・事故の概要・ケガの人数・出血の有無等
  • 【ケガ】高齢者が、転倒して腰を痛がっている。
    年齢・性別・ケガの内容・痛みの場所・出血の有無等
意識はしっかりしていますか? はい。しっかりしています。

直ちにそちらに向かいます。

救急車のサイレンの音が聞こえてきましたら、手を振り、救急車の誘導をよろしくお願いします。

わかりました。

 

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

消防本部・通信指令課
〒516-0014
三重県伊勢市楠部町159番地11
消防本部内
電話:0596-25-1261
ファクス:0596-29-0134
消防本部・通信指令課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。