ヒトパピローマウイルス感染症予防接種(子宮頸がん予防)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002551  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種(子宮頸がん予防)の積極的勧奨見合わせについて

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種(子宮頸がん予防)については、平成25年6月14日厚生労働省の勧告により、ワクチンとの因果関係は不明ながら、持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されていることから、副反応の頻度等がより明らかになり、発生頻度等について適切な情報提供ができるまでの間、一時的に予防接種を積極的に接種するようお勧めすることは見合わせることとなりました。 ただし、対象者(小学校6年生~高校1年生相当の年齢の女子)は、引き続き定期予防接種(無料)として接種できますので、接種を希望される場合は、予診票をお渡ししますので母子健康手帳を持って健康課までお越し下さい。
今後については、国から新しい情報が入り次第、ホームページ等でお知らせします。

ヒトパピローマウイルスワクチンについての相談や、ワクチン接種後に生じた症状の診療については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康課(中央保健センター)
〒516-0076
三重県伊勢市八日市場町13番1号
福祉健康センター2階
電話:0596-27-2435
ファクス:0596-21-0683
健康課(中央保健センター)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。