子どもの定期予防接種

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002554  更新日 令和2年8月19日

印刷大きな文字で印刷

予防接種を受けましょう

私たちの体は、病原体が入ってくると、それを記憶し、次に同じ病原体がはいってくると、すぐに反応して病気を防ぐ働きを備えています。これを免疫といいます。赤ちゃんはお母さんからもらった免疫をもっていますが、数ヶ月で自然に失われていきます。そのため、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。子どもがかかりやすい感染症には、かぜ程度のものから、重症化し、命にかかわるものまでいろいろあります。感染症にかかるのを防いだり、かかったとしても症状が軽く済むようにして、子どもを守る助けとなるのが予防接種です。

予防接種とは

感染症の原因となるウイルスや細菌等を弱めるなどしてワクチンをつくり、これを体に接種することでその病気に対する免疫をつくります。

伊勢市では、大切なお子様の病気を予防するため、予防接種をおこなっております。効果的で安全な予防接種を受けていただくために、予防接種の説明冊子「予防接種と子どもの健康」を母子健康手帳交付時にお渡ししています。 接種を受ける前には、冊子をよく読み、予防接種の必要性、注意点、副反応など正しい知識をもってから受けるようにしましょう。
※予防接種は法改正等により内容に変更が生じる場合があります。詳しくは、厚生労働省ホームページ予防接種情報または公益財団法人予防接種リサーチセンターホームページをご確認ください。

実施期間

通年

接種できる定期予防接種及び対象年齢

実施医療機関

料金

無料(接種日に伊勢市に住民登録がある方で対象年齢内の接種に限ります。)

申込み方法

事前に必ず医療機関へ電話等で予約をしてください。

持ち物

  1. 予診票
    7歳6ヶ月までに接種する予防接種は母子健康手帳交付時にお渡ししています。それ以降の予防接種については 接種時期に市から郵送しています。(ヒトパピローマウイルス感染症は除く)
  2. 母子健康手帳(接種歴の確認及び接種記録を記入しますので忘れずにお持ちください。)
  3. 健康保険証
    ※転入・紛失などで予診票を持っていない方は母子健康手帳をご用意のうえ中央保健センター(健康課)へご連絡ください。

長期療養の方の定期予防接種について

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により定期の予防接種の機会を逸した方について、接種する機会が設けられています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康課(中央保健センター)
〒516-0076
三重県伊勢市八日市場町13番1号
福祉健康センター2階
電話:0596-27-2435
ファクス:0596-21-0683
健康課(中央保健センター)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。