みえ森と緑の県民税市町交付金事業

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003106  更新日 令和3年7月7日

印刷大きな文字で印刷

ロゴ:みんなで支える三重の森林づくり

平成26年4月1日に導入された「みえ森と緑の県民税」では、三重県と県内各市町が、「2つの基本方針と5つの対策」に沿って、様々な取り組みを行っています。
この取り組みに対し、三重県から県内各市町に交付される交付金を用いた事業が、「みえ森と緑の県民税市町交付金事業」です。

令和元年度より新たな制度の下、2つの基本方針と5つの対策に取り組んでいます。

【基本方針1】 災害に強い森林づくり
 対策1:土砂や流木による被害を出さない森林づくり
 対策2:暮らしに身近な森林づくり

【基本方針2】 県民全体で森林を支える社会づくり
 対策3:森を育むひとづくり
 対策4:森と人をつなぐ学びの場づくり
 対策5:地域の身近な水や緑の環境づくり

※詳細は、三重県のホームページ「三重の森林づくり」でご覧いただけます。

伊勢市の取り組み

令和2年度 対策2:暮らしに身近な森林づくり

松くい虫防除の作業写真

  1. 松くい虫防除(地上散布)業務委託
    【施工場所】二見町西地内ほか
    【工期】令和2年5月~令和2年7月
    【事業内容】地上散布 6.1ha
  2. 松くい虫防除(樹幹注入)業務委託
    【施工場所】村松町地内
    【工期】令和2年12月~令和3年2月
    【事業内容】樹幹注入
    対象樹木 577本、アンプル数1,034本
  3. 松くい虫防除(伐倒破砕)業務委託
    【施工場所】二見町西地内ほか
    【工期】令和3年1月~令和3年3月
    【事業内容】伐倒破砕 21.9㎥

伊勢市の沿岸部には、防風林として松林が広がっています。近年、病害虫被害により枯れ松が激増し、倒木被害が心配されてきました。このことから、「みえ森と緑の県民税」を活用し、病害虫被害を未然に防ぎ、防風林の機能維持を図ることを目的に事業を実施しました。なお、この事業は毎年継続して実施しています。

令和2年度 対策5:地域の身近な水や緑の環境づくり

神社・大湊統合小学校(みなと小学校)植栽整備工事の施工後写真

4.神社・大湊統合小学校(みなと小学校)植栽整備工事
 【施工場所】大湊町地内
 【工期】令和2年6月~令和3年3月
 【事業内容】校庭への植樹 高木 4本、中低木 1,056本、地被類 4,071株

神社小学校・大湊小学校の統合小学校である「みなと小学校」を新築するにあたり、校舎周辺(校庭)の緑化を図りました。この事業に「みえ森と緑の県民税」を活用し、児童及び地域住民に緑の環境を提供することができました。

令和2年度 対策4:森と人をつなぐ学びの場づくり

作製した木製家具の写真

5.みなと小学校木育家具プロジェクト
 【施工場所】大湊町地内
 【工期】令和2年6月~令和3年3月
 【事業内容】木製家具作製(棚2台、いす3脚)

みなと小学校の児童が親しみをもって活用できる県産材を使用した木製の家具を製作・導入しました。この家具は、市内で唯一建築科のある伊勢工業高校と伊勢周辺の若手家具職人で結成される「伊勢の家具職人」が協働で作製したものです。この事業に「みえ森と緑の県民税」を活用し、森林資源の活用と日常的に木に触れる機会をつくり出すことができました。


PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

農林水産課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5644
ファクス:0596-21-5651
農林水産課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。