特別弔慰金

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009516  更新日 令和2年5月12日

印刷大きな文字で印刷

戦没者の等の遺族に対する特別弔慰金

『第十一回特別弔慰金』の請求手続きの一時停止について

さて、新型コロナウイルス感染症については、県内でも急速に感染が拡大し、政府の「緊急事態宣言」に続き、三重県は「緊急事態措置」を発表しました。
令和2年4月1日から令和5年3月31日まで(3年間)を期間とする『第十一回特別弔慰金』の請求手続きについては、窓口での混雑による”3つの密(密閉・密集・密接)”の発生を避け、市民の皆様の命と健康を最優先した対応をとる必要があり、市役所窓口での請求手続き、総合支所・支所での巡回受付を、当面、中止させていただきます。
受付の再開、総合支所・支所での巡回受付については、決まり次第、広報いせ等であらためてご案内させていただきます。

また、現在、郵送による請求などの手続きも検討しており、できる限り、皆様のご不便にならないよう、心掛けてまいります。事前に請求書類等がご入用な場合、手続き等でご不明な点は次の問い合わせ先までご連絡ください。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますよう宜しくお願いいたします。

ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」について

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金は、一定の日(基準日)において、恩給・遺族年金などの受給権がある遺族がいない場合に、残された遺族に対して戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法に基づき、支給されるものです。

支給対象者

令和2年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による順位の高いご遺族お一人に支給されます。

戦没者等の死亡当時生まれているご遺族で

  1. 令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹
    ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有していたこと等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。
  4. 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥・姪等)
    ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

請求期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日まで

請求方法

印鑑・本人確認書類(運転免許証・健康保険証 など)を持参し福祉総務課にお越しください。戸籍等の必要書類をご案内いたします。

※前回受給された方は、令和2年4月1日現在の請求者の戸籍抄本が必要になります。
初めて請求される方は、提出していただく戸籍が異なります。
詳しくは、福祉総務課でご案内します。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

福祉総務課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館5階
電話:0596-21-5557
ファクス:0596-21-5555
福祉総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。