伊勢市の花・木・鳥

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1012286 

印刷大きな文字で印刷

市の花・木・鳥が決まりました

市のイメージを市内外へ広く発信することで、市への誇りと愛着の醸成、観光誘客などにつなげるため、次のとおり市の花・木・鳥を令和4年1月5日に制定しました。

制定に当たっては、知識経験者等で構成する「伊勢市の花・木・鳥選考委員会」からの意見を聴くこととしました。

委員会は、市民の皆さんに御協力いただいたアンケート結果も参考にし、審議を重ねた結果、その意見をまとめた答申を令和3年12月に行いました。

市としては、選考委員会の答申の内容を尊重するとともに、市議会の総務政策委員協議会での協議内容を踏まえ、決定しました。

市の花

ジングウツツジ

写真:市の花
写真撮影者:池田 博 氏
制定理由
「ジングウ」をその名に冠しており、市の象徴的な場所やなじみの深い場所と関わりがあるため。
特徴
神宮林内の神路山、島路山で発見され、その名が付いた。三重県伊勢志摩地方、静岡県浜松市、愛知県東部に生育している。

市の木

オヤネザクラ

写真:市の木

制定理由
オヤネザクラは、豊宮崎文庫の創設の時、その主唱者の出口延佳の家の屋根に生えた苗を移植したとも、外宮正殿の屋根に生えた桜とも言われており、市の象徴的な場所やなじみの深い場所と関わりがあるため。
特徴
市の天然記念物(昭和61年7月3日指定)であり、旧豊宮崎文庫(国指定史跡)に所在している。昭和3年にヤマザクラの新種として発表された。

市の鳥

イソヒヨドリ

写真:市の鳥
写真撮影者:濵屋 勝則 氏
制定理由
伊勢市は、伊勢湾に面し、海洋性のイメージを有していることから、沿岸部に生息する「イソヒヨドリ」の生態がそのイメージに合致するため。
特徴
大きさは25cm程度で、美しい声で鳴き、オスとメスでは羽色が異なる。磯、海岸部を生息地としていたが、最近は、市街地などにもその生息域を広げてきている。

制定までの経過

伊勢市の花・木・鳥選考委員会

市の花・木・鳥の制定に当たっては、伊勢市の花・木・鳥選考委員会の意見を聴いて制定することとした。

  • 第1回会議:令和3年6月14日開催(選考基準の制定など)
  • 第2回会議:令和3年6月28日開催(候補の選定及び市民アンケートの実施)

※アンケートの実施(令和3年8月20日~令和3年9月21日)

  • 第3回会議:令和3年11月8日開催(アンケート結果の報告及び市の花木鳥の選考)

伊勢市の花・木・鳥選考委員会からの答申(令和3年12月10日)

答申の概要

  • 市の花は、ジングウツツジとする。
  • 市の木は、オヤネザクラとする。
  • 市の鳥は、イソヒヨドリとする。

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

総務課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
本館2階
電話:0596-21-5521
ファクス:0596-21-5522
総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。