白地地域の形態制限

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005037  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

都市計画区域内の用途地域の指定のない区域、いわゆる『白地地域』における建築物の建ぺい率や容積率、斜線制限等の制限が、特定行政庁(伊勢都市計画区域では三重県)により平成16年5月17日に、地域の実情や住環境を考慮した制限に新たに定められました。伊勢市では、これまで高建ぺい・高容積の建築物が許容される、建ぺい率70%・容積率400%の制限が一律に指定されていましたが、ゆとりのある良好な住環境の形成を推進するため下表の基準で指定を行いました。

この制限は、市内の白地地域に現在ある建築物に、施行後すぐに適用されるわけではなく、将来行う予定の新築や建替えなどの場合に適用されます。

白地地域の形態制限
制限項目 改正後の制限
建ぺい率 60%
容積率 200%
道路斜線制限 勾配:1.25
隣地斜線制限 高さ20m+勾配:1.25
日影制限 制限対象規模 高さ10mを超えるもの
日影制限 日影許容時間 4時間,2.5時間

※旧二見町のうち五十鈴川及び五十鈴川派川に囲まれた地域については下記の制限となります。

白地地域の形態制限(旧二見町のうち五十鈴川及び五十鈴川派川に囲まれた地域)
制限項目 改正後の制限
建ぺい率 70%
容積率 200%
道路斜線制限 勾配:1.5
隣地斜線制限 高さ31m+勾配:2.5
日影制限 制限対象規模 制限なし
日影制限 日影許容時間 制限なし

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

都市計画課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
本館4階
電話:0596-21-5591
ファクス:0596-21-5585
都市計画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。