市の概要

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004260  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

写真:伊勢市全景


伊勢市は、三重県の中東部、伊勢平野の南端部に位置する、比較的温暖な気候に包まれた都市です。
北は伊勢湾に面し、中央には宮川(みやがわ)や五十鈴川(いすずがわ)、勢田川(せたがわ)が流れ、また、東から南にかけては朝熊岳(あさまだけ)、神路山(かみじやま)、前山(まえやま)、鷲嶺(しゅうれい)が連なり、西には大仏山(だいぶつやま)丘陵が広がる緑豊かな都市でもあります。
伊勢志摩国立公園の玄関口として、豊かな自然と美味しい食材に恵まれた本市には、歴史と文化に富んだ名所・旧跡も多く、魅力ある地域資源があふれています。
また、古くから「お伊勢さん」「日本人の心のふるさと」と呼び親しまれてきた伊勢神宮を擁し、神宮御鎮座のまちとして栄えてきました。

位置
東経136度42分 北緯34度29分(伊勢市役所本庁の経緯度)
面積
208.35平方キロメートル(平成26年10月1日現在)
住所(伊勢市役所・本庁)
〒516-8601 三重県伊勢市岩渕1-7-29
人口
127,817人(平成27年国勢調査)
沿革
平成17年(2005年)11月1日
伊勢市・二見町・小俣町・御薗村が合併し、新しい「伊勢市」が誕生

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?