平成29年台風第21号 相談窓口のご案内

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1001530  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

台風21号で被害に遭われた皆さまへ

平成29年10月22日(日曜日)から23日(月曜日)にかけて襲来した台風21号により、浸水等の被害に遭われた市民の皆様へ、相談窓口のご案内をいたします。(情報は、随時更新します。)

り災証明・り災届出証明

り災証明書

市内全域の家屋を対象に発行しています。ただし、被害認定調査が未実施の家屋は発行できませんので、必要な方はご連絡ください。

り災届出証明書

お車などの被害について、り災の届出があったことを市が証明するものです。
被害状況のわかる写真(※)をご持参ください。
※お車であれば車両番号(ナンバープレート)が写ったもの。なければ車検証やお車の保険証等車両番号と所有者等が明記されたものの写し等

課税課税務係 電話:0596-21-5530

見舞金・支援金

災害見舞金(伊勢市)

調査の結果、床上浸水以上と認定された住家の世帯主の方に、災害見舞金をお渡しします。

災害見舞金(三重県)

調査の結果、床上浸水以上と認定された住家の世帯主の方に、三重県災害見舞金をお渡しします。
対象者に申請書を郵送しましたので、必要事項を記入して、同封の返信用封筒により、郵送で申請してください。
提出先:三重県災害対策課

詳しくは、三重県のホームページをご覧ください。

  • 三重県災害対策課 電話:059-224-2189
  • 福祉総務課 電話:0596-21-5641

補助金・助成金

被災家屋の復旧工事補助金

床上浸水と認定された住家(店舗併用住宅を含む)の復旧工事にかかる費用の一部を補助します。補助率20%(上限10万円)、工事費5万円以上が対象です。詳細はご連絡ください。
【受付期間】平成30年6月29日(金曜日)まで

商工労政課 電話:0596-21-5512

被災住宅の応急修理

居住されていた住宅が全壊、大規模半壊または半壊し、自ら修理する資力のない世帯を対象として、居室・台所等の日常生活に必要不可欠な最小限度の部分について、1世帯574,000円を上限に応急修理を行います。
半壊の場合は所得制限等もありますので、詳細はお問合せください。

建築住宅課住宅係 電話:0596-21-5596

貸出図書等の費用の弁償免除

市立図書館(分室含む)から借りた図書等を亡失・汚損・破損した場合弁償費用の免除を行います。

  • 教育委員会事務局 社会教育課 電話:0596-22-7886
  • 伊勢図書館 電話:0596-21-0077
  • 小俣図書館 電話:0596-29-3900

保険料の免除

国民年金保険料の免除

床上浸水以上の被害があり、住宅や家財に損害を受けた国民年金第1号被保険者は、年金保険料が免除される場合があります。

医療保険課 電話:0596-21-5554

保険料等の減免

介護保険サービス利用料の減免

住宅に半壊又は全壊の損害を受けた方は、介護保険サービス利用料が一部減免される場合があります。減免されると思われる方には、減免申請書を送付していますので、提出してください。

介護保険課 電話 0596-21-5560

障害福祉サービス等利用者負担額の減免

住宅や家財などに半壊以上の損害を受けた方は、障害福祉サービスなどの利用者負担額が減免される場合があります。減免されると思われる方には、減免申請書を送付していますので、提出してください。

障がい福祉課 電話:0596-21-5558

税の減免

市・県民税の減免

床上浸水以上の被害があり、住宅や家財に損害を受けた方のうち一定基準を上回った方に、平成29年度市・県民税の減免制度の案内をしています。また、平成30年度(平成29年分)の市・県民税を申告することで、雑損控除の適用を受けられる場合があります。

課税課 市民税係 電話:0596-21-5534

県税の減免

伊勢県税事務所 電話:0596-27-5129・0596-27-5132

所得税の減免

住宅や家財などに損害を受けたときは、下記の有利な方法を選び、所得税の全部又は一部が軽減される場合があります。

  1. 所得税法による雑損控除の方法
  2. 災害減免法による所得税の軽減免除

伊勢税務署(個人課税部門)電話:0596-28-3191(※自動音声案内「2」を選択)

料金の減免

保育料(保育所(園)、認定こども園、幼稚園)の減免【平成29年度で終了】

住居(賃貸含む)が全壊・半壊・床上浸水の被害に遭われた方は、保育料減免の対象となる場合があります。

  • 【保育所(園)、認定こども園】こども課 電話:0596-21-5579
  • 【幼稚園】教育委員会事務局 教育総務課 電話:0596-22-7875

水道料金、下水道使用料の減免

床上浸水と認定された建物や事業所が、泥水、汚物を洗い流し、復旧するのに必要とした水量を減量し、被災後の次回検針時の水量から、前年同月の使用水量と比べて超えた水量分を減免します。

料金課 電話:0596-42-1501

公共料金等の納付猶予

水道料金、下水道使用料の納付猶予

災害によって被災された場合で、発災以前の水道料金、下水道使用料の納付期限の猶予、または分割納付することができます。
【受付期間】平成29年12月28日(木曜日)まで

料金課 電話:0596-42-1501

下水道受益者負担金の納付猶予

下水道受益者負担金をお支払いいただいている方で、支払いが困難な場合に納付の猶予(3年以内)を受けることができます。

料金課 電話:0596-42-1503

生活必需品の配布

調査の結果、住家が床上浸水以上と認定された方を対象に、お申出により生活必需品をお渡しします。生活必需品の内容はお問合せください。
【受付期間】平成29年12月28日(木曜日)まで

商工労政課 電話:0596-21-5568

衛生相談

浸水家屋の消毒にお困りの場合はご連絡ください。

環境課 電話:0596-21-5541

学用品のお渡し

市立小中学校の教科書や学用品が、床上浸水での毀損により使用できない場合にお渡しします。県立学校生及び私立学校生の場合は、学校へ相談をしてください。

教育委員会事務局 学校教育課 電話:0596-22-7881

福祉用具の再購入・再給付

福祉用具(介護保険特定)の再購入

災害により、福祉用具が使用できなくなった方は、事前申請により、特定福祉用具の再購入をすることができます。対象となる福祉用具はお問合せください。

介護保険課 電話:0596-21-5560

障がい者の福祉用具の再給付

障害者手帳等をお持ちの方で、災害により伊勢市から給付を受けた福祉用具が使用できなくなった方は、福祉用具の再給付を受けることができます。対象となる福祉用具はお問合せください。

障がい福祉課 電話:0596-21-5558

農業被害

農地、農作物、農業用機械などが被害にあった場合は、ご相談ください。

農林水産課 電話:0596-22-0370

商業被害

商用機械、商用器具などが被害にあった場合は、融資制度により対応させていただきますのでご相談ください。

  • 伊勢商工会議所中小企業相談所 電話:0596-25-5155
  • 伊勢小俣町商工会 電話:0596-22-3619

貸付・融資

母子父子寡婦福祉資金の貸付金

被災した一人親(母子・父子)の方に対し、融資の相談をすることができます。

こども課 電話:0596-21-5561

事業資金の融資

被災した中小企業、小規模事業者、農林漁業者の方は、融資の相談をすることができます。

株式会社日本政策金融公庫 電話:0120-154-505

中小企業災害復旧資金利子補給補助金

被災した市内の中小企業が、事業再建のため、市が認める災害復旧に関する融資を受けた場合、その融資に係る利子の一部を補助します。

商工労政課 電話:0596-21-5512

書類等の紛失

運転免許証の紛失

被災により、運転免許証の紛失でお困りの場合は、ご連絡ください。

  • 三重県運転免許センター 電話:059-229-1212
  • 伊勢警察署 電話:0596-20-0100

年金手帳、年金証書の紛失

被災により、年金手帳、年金証書の紛失でお困りの場合は、ご連絡ください。

日本年金機構 伊勢年金事務所 電話:0596-27-3601

登記済証、登記識別情報の紛失

被災により、登記済証、登記識別情報通知書(権利証)の紛失でお困りの場合は、ご連絡ください。

津地方法務局 伊勢支局 電話:0596-28-6158

被災した古文書等の措置

古文書等の歴史資料の被災してお困りの場合は、ご連絡ください。

教育委員会事務局 文化振興課 電話:0596-22-7884

相談受付

法律相談、登記相談

専門家に無料で相談をすることができます。事前の予約が必要です。

  • 法律相談:毎週月曜日午後1時30分から午後3時30分(相談時間15分)
  • 登記相談:原則毎月第2火曜日午後1時~午後4時(相談時間30分)

広報広聴課 電話:0596-21-5515

法律相談

日本司法支援センター(法テラス)で、無料で相談をすることができます。事前の予約が必要です。
(収入等、保有資産が一定額以下であることが条件)

法テラス三重 電話:050-3383-5470

発達障がい児・障がい者の支援の相談

被災した発達障がい児・発達障がい者及び家族の方を対象に、困りごとについて相談をすることができます。

三重県自閉症・発達障害支援センター

  • れんげ(南部) 電話:0598-86-3911
  • あさけ(北部) 電話:059-394-3412

「こころ」の相談(電話・面談)

被災された方で、不安を抱え、様々な心の不調があらわれた方は、電話や面談による相談を受けることができます。

健康課(中央保健センター) 電話:0596-27-2435

「こころ」の電話相談

被災された方で、不安を抱え、様々な心の不調があらわれた方は、電話による相談を受けることができます。

  • 伊勢保健所 電話:0596-27-5148
  • こころの傾聴テレフォン(10時00分~16時00分) 電話:059-223-5237・059-223-5238

ボランティア依頼

お住まいの家屋の片付け、軽作業などをボランティアがお手伝いします。ご自分の力では難しい方を優先させていただきます。

伊勢市災害ボランティアセンター(ハートプラザみその内)

電話:0596-63-6370(受付時間:午前9時~午後5時)

【平成29年11月9日掲載】台風21号の被害に伴う隣接等の空家にお困りの皆さまへ

台風21号の発生により市内の各地域で浸水等の被害が多く発生しています。
被害に伴い、隣接又は周辺の空家にお困りの方はご相談ください。

建築住宅課 空家対策係 電話:0596-21-5597

災害ごみの処理

片付けなどで発生した災害ごみの受入れ、収集を行っていますので、お問合せください。

清掃課 電話:0596-37-1443

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?