セルフメディケーションについて

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1011685  更新日 令和3年3月30日

印刷大きな文字で印刷

セルフメディケーションとは

セルフメディケーションは、世界保健機関(WHO)において、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義されています。

セルフメディケーションを心がけることで、病気の予防や早期発見につながり、毎日を健康的に過ごすことができるほか、医療費も節約できます。

また、セルフメディケーションを促進するため、医療費控除の特例としてセルフメディケーション税制が創設されています。

実際どうしたらよいの? セルフメディケーション

  1. 十分な睡眠や適度な運動、積極的な健康管理を心がけましょう
    睡眠不足や不規則な生活や食事は、身体の免疫力を低下させ、風邪をひきやすくなったり生活習慣病発症の原因になります。
  2. 市販薬を上手に使いましょう
    風邪気味、頭痛、胃腸の調子が悪いなど日頃よく経験する軽度の症状は、市販薬(OTC医薬品)を使い、自分で手当てします。
  3. わからないことは専門家に相談しましょう
    セルフメディケーションでは、症状に合わせた的確な薬を正しく使うことが大切です。わからないことは薬剤師などの専門家に確認してください。
  4. 日ごろから、身体の状態と生活習慣をチェックしましょう
    日ごろから自分の身体と向き合い、健康管理を心がけましょう。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

医療保険課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館1階
電話:0596-21-5646
ファクス:0596-20-8555
医療保険課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。