女性に対する暴力根絶に向けた取り組み

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1011028  更新日 令和2年11月16日

印刷大きな文字で印刷

女性に対する暴力根絶に向けた取り組みについて

女性に対する暴力の根底には、女性の人権の軽視があるといわれています。夫や、パートナーからの暴力、性犯罪、売買春、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為等、女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していくうえで克服するべき重要な課題です。

ドメスティックバイオレンス(DV)

「ドメスティックバイオレンス」(略して「DV」。以降、「DV」と表記。)は、配偶者やパートナーなど、身近な人から受ける暴力などを言います。DVは、直接身体に受ける暴力だけではなく、大声で怒鳴られる、暴言を吐かれる、無視されるなど、精神的に受ける苦痛も含みます。

ほかにも、友人と連絡を取らせなかったり、監視したり、行動を制限する行為(社会的暴力)、生活費を渡さない(経済的暴力)、望まない性行為の強要などがあります。

DVの被害にあった人は、心身を傷つけられ、考え方や行動まで加害者によって支配されてしまい、自分から助けを求めることが難しく外部から見えにくいなど、深刻な場合もあります。

性犯罪・性暴力への対策

国では、令和2年6月11日に決定した「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」において、令和2年度から4年度までの3年間を「性犯罪・性暴力対策の集中強化期間」としていることを踏まえ、令和2年度の運動においては「性暴力を、なくそう」をテーマとして啓発活動ををしています。

近年、スマートフォンによるSNS等利用の普及により、犯罪に巻き込まれていることが外から見えにくくなっていることが問題となっており、児童・生徒などが狙われるケースもあります。こうした被害に遭いにくい環境を社会全体で整えていく必要があります。

 

相談機関(窓口・連絡先等)

被害に遭ったとき、または困っていることがあったときは、一人で悩まず、まずはご相談ください。

また、身近にこうした問題で悩んでいる人がいたら、専門機関への相談を勧めてください。

秘密は守られます。

※相談時間は各機関の受付時間内に限ります。

市の相談機関

伊勢市こども家庭相談センター 電話:0596-21-5709

女性の悩み相談

  • 三重県女性相談所 電話:059-231-5600
  • 女性の人権ホットライン 電話:0570-070-810
  • DV相談ナビ #8008(はれれば) 全国共通
  • DV相談+(プラス) 電話:0120-279-889(24時間対応)

性暴力被害に関する相談

  • 性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター #8891(全国共通短縮番号)
  • みえ性暴力被害支援センターよりこ 電話:059-253-4115

※LINEで相談できます(令和3年3月31日まで)

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

市民交流課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
本館2階
電話:0596-21-5549
ファクス:0596-21-5642
市民交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。