GAPに取り組んでみませんか

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1012785  更新日 令和3年8月10日

印刷大きな文字で印刷

GAPとは何?

GAPとはGood Agricultural Practiceの頭文字をとったものです。

直訳すると「よい農業の実践」を意味します。もう少し具体的に言えばGAPとは、農業において食品安全、労働安全等を確保するための生産工程管理の手法や取り組みのことを言います。

GAPに取り組み、食品の安全や、自然環境の保全、生産者の労働安全や人権保護に配慮していくことで、将来的に持続可能な農産物の供給の実現につながります。

GAP(Good Agricultural Practice)の意味についての説明画像

GAPの2つの段階

GAPには「GAPをする」と「GAP認証をとる」の2つの段階があります。

GAPの実践

「GAPをする」とは、農業者がGAPの取組を実践することで、認証取得の有無とは関係ありません。

GAPの実践を通して作業上の課題・問題点を発見し、それらを改善することで、農業活動の改善やより良い農業経営を実現することにつながります。

具体的には、(1)食品安全等の項目をクリアできるような計画を立て、(2)それを実施し、(3)記録・点検・評価を通して、(4)生産工程の管理・改善を行うという流れを繰り返していくことがGAPの実践です。

PDCAサイクルの図(計画、実施、記録・点検・評価、見直し・改善)

GAP認証の取得

「GAP認証をとる」とは、第三者機関の審査によりGAPが正しく実施されていることを客観的に証明してもらうこと(=認証を取得すること)で、各県独自のGAP、JGAP、ASIAGAP、GLOBALG.A.P.など様々な種類の認証があります。

GAP認証を取得することで、「正しい管理ができている農場」であることを示すことができます。また農産物の取引に当たりGAP認証の取得を求められる場合もあります。

なお、農林水産省では、GAP認証農産物を取り扱う意向のあるスーパー等を「GAPパートナー」として募集して、ホームページに掲載しています。

おわりに

GAPをすることで、食品安全や労働安全等を確保しながら、農業活動を改善できます。またGAP認証を取得することで、正しい管理ができている農場であることを客観的に示すことができます。

よりよい農業経営の実現のために、GAPに取り組んでいきましょう。

さらに詳しい情報は、農林水産省ホームページをご覧ください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

農林水産課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5644
ファクス:0596-21-5651
農林水産課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。