旧賓日館 本館、大広間棟、土蔵

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002161  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

きゅう ひんじつかん ほんかん、おおひろまとう、どぞう

指定区分
指定種別
有形文化財(建造物)
指定登録
平成22年6月29日
所在地
伊勢市二見町茶屋566番2号
管理者
伊勢市
写真1
本館

写真2
大広間棟

写真3
土蔵

概要

賓日館は神宮の崇敬団体、神苑会(しんえんかい)によって明治20年(1887)の英照皇太后(明治天皇の母后)の二見行啓にあわせて建てられた宿泊施設です。
明宮嘉仁(はるのみやよしひと)親王(後の大正天皇)など多くの皇族、要人が宿泊しました。
現在は資料館として公開しており、二見浦と賓日館の歴史資料や郷土画家・中村左洲の作品等を展示しています。

参考文献:『二見町史』

お問合わせ先

賓日館
所在地:〒519-0609 伊勢市二見町茶屋566-2
電話番号:0596-43-2003

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。