金剛證寺本堂 附 厨子

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002163  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

こんごうしょうじ ほんどう つけたり ずし

指定区分
指定種別
有形文化財(建造物)
指定登録
大正9年4月15日(昭和38年2月13日追加指定)
所在地
伊勢市朝熊町字岳
管理者
金剛證寺

写真:金剛證寺本堂

概要

金剛證寺は朝熊山の山頂近くにあり、天長2年(825)には空海が真言密教の道場を開きました。
本堂は慶長13年(1608)に焼失し、池田輝政により再建され、その後元禄、安永、昭和、平成と修理が行われ現在に至っています。
正面7間、側面6間、寄棟造、桧皮葺で唐様を主体とした和様折衷様式の建築になっています。
厨子は禅宗様須弥壇の上に立つ三間厨子です。

参考文献:『伊勢市史』第7巻 文化財編

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。