神宮祭主職舎(旧慶光院)勝手所、表門

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009530  更新日 令和2年6月15日

印刷大きな文字で印刷

じんぐうさいしゅしょくしゃ(きゅうけいこういん)かってどころ、おもてもん

指定区分
指定種別
有形文化財(建造物)
指定登録
平成9年3月6日
所在地
伊勢市宇治浦田1丁目1-29
管理者
神宮

概要

おはらい町通り沿いに位置する、神宮祭主にかかわる施設です。
勝手所は本館の北方に隣接して建てられ、控室部と台所部から構成されています。
表門は天保12年(1841)に建てられた御師太郎館大夫邸の正門で、現在の浦田町交差点付近から明治6年(1873)に移築しました。

参考文献:『伊勢市史』第7巻 文化財編、『重要文化財 旧慶光院客殿』

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。