がん予防クイズ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1011009  更新日 令和2年12月4日

印刷大きな文字で印刷

イラスト:2人に1人が「がん」に!

生涯を通じて、2人に1人が「がん」になるといわれています。
しかし「がん」は早期発見・早期治療により治癒可能な病気となってきています。
日本人の死因の第1位の肺がんについて学びましょう!

第1問

日本人の死因の第1位は何でしょう?

  1. 脳卒中
  2. がん

第1問の正解と解説

肺がんのイメージイラスト

【答え】「2.がん」

死亡原因の第1位はがんで、死亡総数の28.5%を占めています。
がんの中でも、

  • 【男性】
    1位:肺がん・2位:胃がん・3位:大腸がん
  • 【女性】
    1位:大腸がん・2位:肺がん・3位:すい臓がん

全体では、部位別死因の第1位が「肺がん」です。

第2問

肺がんと関連が大きいといわれているのは?

  1. 喫煙
  2. 食事

第2問の正解と解説

喫煙はだめのイメージイラスト

【答え】「1.喫煙」

たばこを吸わない人に比べて、たばこを吸う人が肺がんになるリスクは4~5倍といわれています。
がん予防には、禁煙以外に節度のある飲酒バランスの良い食事身体活動適正な体形感染予防が効果的と言われています。

ウォーキングイメージイラスト

第3問

受動喫煙を受けている人が、受けていない人に比べて肺がんになるリスクは?

  1. 約0.5倍
  2. 約1.3倍

第3問の正解と解説

禁煙のイメージイラスト

【答え】「2.約1.3倍」

たばこを吸わない人が、たばこの煙を吸わされる受動喫煙。
受動喫煙を受けている人が、受けていない人に比べて肺がんになるリスクは1.3倍、虚血性心疾患(心筋梗塞など)は1.2倍、脳卒中は1.3倍になると言われています。
この他、血圧の上昇、気管支喘息等の原因にもなっています。

第4問

肺がんは早期から咳やたんなどの症状が出てくる

咳込んだイメージイラスト

  1. 正しい
  2. 誤り

第4問の正解と解説

レントゲン撮影のイメージイラスト

【答え】「2.誤り」

肺がんの早期は無症状です。
進行とともに、咳、たん、血痰などの症状が現れます。
症状が出ない早期のうちに治療すれば、約8割が治るといわれています。
早期発見のために、がん検診を受けましょう

第5問

精密検査と判定されたら、すぐに受診する?

レントゲンイメージイラスト

  1. すぐに受診する
  2. すぐに受診しなくてもよい

第5問の正解と解説

診察イメージイラスト

【答え】「1.すぐに受診する」

がん検診を受けて、要精密検査という結果は、必ずしもがんを指摘するものではありませんが、自己判断をせず、精密検査を受けましょう。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康課(中央保健センター)
〒516-0076
三重県伊勢市八日市場町13番1号
福祉健康センター2階
電話:0596-27-2435
ファクス:0596-21-0683
健康課(中央保健センター)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。