特定健康診査・特定保健指導

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002388  更新日 令和2年1月15日

印刷大きな文字で印刷

「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した生活習慣病予防」を目的に、40~74歳の国民健康保険加入者を対象として、特定健康診査を実施しています。(7月1日~11月30日)そして、健診後は、生活習慣病のリスクにあわせて、内臓脂肪型肥満の解消のための生活習慣改善に重点をおいた保健指導を行います。対象となる方は、健診受診のお知らせなどが届きましたら、指定の健診機関などで、ぜひ受診してください。

※メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、お腹の内臓周りに脂肪がたまった内臓脂肪型肥満の方が、軽症でも脂質異常、高血圧、高血糖などの危険因子を2つ以上持っている状態のことです。放っておくと、動脈硬化が急激に進み、心筋梗塞や脳卒中などの発病につながりやすくなります。 

※会社などの健康保険組合や共済組合などに加入している方、またその被扶養者(家族)の場合は、加入している健保組合や共済組合など各医療保険者によって実施されます。

※がん検診等は、従来どおり実施していますので、あわせて受診されることをお勧めします。

特定健康診査 お問合わせ先:医療保険課

腹囲測定及び血圧や血糖、脂質、尿検査、肝機能検査といった基本的な検査と、喫煙歴などの生活習慣についての問診を行い、その結果から、メタボリックシンドロームの危険性のレベルを判定します。必要に応じて詳細な検査を受けることもあります。

※前年度に特定健康診査を受診されていない方などに対して、はがきでのお知らせや電話(業務委託先:株式会社エヌ・ティ・ティマーケティングアクト)による受診勧奨を行っておりますが、今年度既に受診済みの場合はご了承下さい。

特定保健指導 お問合わせ先:健康課(中央保健センター)

健診結果とあわせて受診者全員に、健診結果の見方、健康の保持増進に役立つ情報等の提供を行います。
また、健診の結果等に基づき、保健指導対象者の選定を行い、対象者のリスクに応じて、「動機づけ支援」「積極的支援」に分け、それぞれに合わせた保健指導を行い、生活習慣改善を支援します。

※「動機づけ支援」は、生活習慣の改善点に気づき、目標を設定し、行動できるような支援。
※「積極的支援」は、健診判定の改善に向けた実践できる目標を選択、継続的に実行できるような支援。
※特定保健指導は、生活習慣病の治療中の方は、対象になりません。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

医療保険課国民健康保険給付係
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館1階
電話:0596-21-5646
ファクス:0596-20-8555
医療保険課国民健康保険給付係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

健康課(中央保健センター)
〒516-0076
三重県伊勢市八日市場町13番1号
福祉健康センター2階
電話:0596-27-2435
ファクス:0596-21-0683
健康課(中央保健センター)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。