50歳未満で保険料が納められないときの手続き(納付猶予制度)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002408  更新日 令和2年5月14日

印刷大きな文字で印刷

50歳未満の学生でない方について、本人及び配偶者の所得が一定額以下の時は、申請をして承認を受けると、国民年金保険料を後払いにすることができます。

これを、「納付猶予制度」といいます。
承認されると、猶予期間中の保険料は10年以内であれば後から納めることができます(2年を超過すると、当時の保険料の額に政令で定める率をかけた額となります)。

また、猶予期間中の事故・病気についても、障害基礎年金が保障されます。追納した保険料は、老齢基礎年金の金額に反映されます。追納しなかった場合は、年金額には反映されません。しかしその期間は、年金受給の資格年数として計算されます。
なお、所得審査の関係上年度ごとの申請となります。

受付

医療保険課、各総合支所生活福祉課、及び各支所

持参する物

印鑑、年金手帳 、個人番号カードなど(マイナンバーの確認できるもの)、来庁者の身分証明書

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

医療保険課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館1階
電話:0596-21-5554
ファクス:0596-20-8555
医療保険課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。