伝統工芸品等再生支援事業補助金

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002959  更新日 令和3年3月26日

印刷大きな文字で印刷

伊勢市では、伝統工芸品等における伝統技術の技法の再生、後継者育成、需要開拓等地場産業発展につながる事業を支援するため、「伝統工芸品等再生支援事業補助金」の制度を設けております。
この制度は、伝統工芸品産業の再生及び発展につながる事業に要する経費に対し、その一部を補助するものです。

令和3年度の申請は令和3年4月1日(木曜日)から受け付けます。

補助対象者

伝統工芸品等の製造や保存、再生に携わる個人又は企業若しくは団体であって、主たる事務所を市内に有する者

補助対象事業

  1. 技術又は技法の再生に関する事業
  2. 後継者の確保及び育成に関する事業
  3. 需要の開拓に関する事業 など
    ※「伝統工芸品等」とは、伊勢一刀彫、伊勢の神殿、伊勢玩具、提灯、伊勢の根付、伊勢春慶、伊勢和紙、和釘のほか市長が特に必要と認めるもの

※ただし以下のものは補助対象外とします。

  • 単なる機械や器具などの購入
  • 交付決定前にすでに着手している事業
  • 令和4年1月末日までに完了しない事業

補助事業の概要

  1. 補助対象経費:補助対象事業を実施するために直接要する経費
  2. 補助率:補助対象経費から国・県の補助額等を除いた額の3分の2以内
  3. 補助金額:一事業に対する補助金の上限は30万円

※補助金の交付は、1つの年度において、1事業者1回限りです。

申請手続き

  1. 募集期間:先着順(予算額に達した時点で受付終了)
  2. 提出書類:ページ下部の「提出書類一覧表」を参照

審査

  1. 応募のあった補助事業計画の中から、要綱に基づき審査を行った上で、市長が予算の範囲内で採否を決定します。
  2. 補助金対象となる件数は、2件とします。

その他

  1. 補助対象事業が完了したときは、完了した日から20日以内又は、令和4年2月18日のいずれか早い日までに実績報告書を提出してください。
  2. 補助事業に伴う取得物件及び経理書類等については、書類の整理に十分留意し、補助事業終了後5年間保存しなければなりません。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

商工労政課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5512
ファクス:0596-21-5651
商工労政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。