木造住宅の無料耐震診断・耐震補強(設計・工事)補助・除却(解体)工事補助

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004977  更新日 令和3年10月26日

印刷大きな文字で印刷

平成7年の阪神・淡路大震災では、多くの方々の生命が失われました。亡くなられた方の多くは、住宅の倒壊による圧死や窒息死でした。その中でも昭和56年以前の旧建築基準で建てられた木造住宅に大きな被害がでました。

伊勢市でも、今後発生する南海トラフ地震により大きな被害が出ると想定されます。大切なご家族の生命を守るために、わが家の地震対策の一環として、住宅の耐震化に積極的に取り組んでください。

(無料耐震診断)

対象となる住宅は?

市内の昭和56年5月31日に完成(着工を含む)している木造住宅(在来軸組構法、伝統的構法、枠組壁工法)で、階数が3階以下、併用住宅の場合は、延べ床面積の2分の1超が住宅部分である建物です。

※丸太組工法(ログハウス)、プレハブ住宅などは対象外となります。

※居住者が、所有者以外の場合は、所有者の同意を得ていただく必要があります。

※共同住宅などの場合、居住者全員の同意を得ていただく必要があります。

診断費用は?

無料です。

申込期間は?

随時受け付けております。

※予算の都合上、申込み時期によりましては補助金申請をお受けできない場合がありますので、ご理解をいただきますようお願いします。

耐震補強(設計・工事)補助・除却(解体)工事補助 等

耐震診断の結果、「地震により倒壊する可能性が高い」と診断された木造住宅については、補強設計書の作成費用の一部を補助しています。(補強設計書は補助を受けて耐震補強工事を行う場合に必要な書類です。)

また、所定の要件を満たす耐震補強工事や耐震補強工事と同時に行うリフォーム工事、住宅の除却(解体)工事に要した費用の一部を補助しています。

補助制度の概要については、以下の「木造住宅耐震補強工事費補助制度」等をご覧ください。

※補助金を受けていただく場合の対象要件や、申込受付期間等がありますので、補助金の活用をお考えの方は、必ず事前に住宅政策課までお問い合わせください。
※必ず、業者との契約前に補助金申請をしてください。契約後の申請は補助対象外となります。また、予算に限りがありますので、ご注意ください。

※耐震補強工事(準耐震補強工事)の施工業者と補強設計書の作成業者は別業者としてください。

点検商法などのトラブルにご注意ください

最近、耐震診断・耐震補強工事をすすめる訪問業者が増えています。市では、直接訪問して耐震診断・耐震補強工事等をすすめる場合、市の職員又は市の委託事業者であることを明示しますので、不審な点がございましたら、住宅政策課(電話:0596-21-5596)までお問い合わせください。

申請書

木造住宅の無料耐震診断・耐震補強(設計・工事)補助・除却(解体)工事補助に関する申請書

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

住宅政策課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
本館4階
電話:0596-21-5596
ファクス:0596-21-5585
住宅政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。