認知症高齢者等SOSネットワーク「いせ見守りてらす」登録制度

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002620  更新日 令和2年4月7日

印刷大きな文字で印刷

認知症高齢者等SOSネットワーク「いせ見守りてらす」登録制度は、行方不明になるおそれがある方の名前や特徴、写真などの情報をあらかじめ登録しておくことで、早期発見に役立てる制度です。

認知症高齢者等SOSネットワーク「いせ見守りてらす」とは?

認知症などで行方不明になるおそれがある方と、その家族を支援するためのネットワークです。
実際に行方不明になった時に、警察や協力機関などの力で、少しでも早く発見し、ご家族のもとに帰れるよう地域で見守ります。

対象者

伊勢市にお住まいで、行方不明になるおそれがある方等

登録申請に必要なもの

  • 登録申請書
  • 登録する方の写真(なるべく最近の写真)(撮影させていただくことも可能です)(持参していただいた写真は、原則返却いたしません)
  • 印鑑(申請をされるご家族の印鑑)

登録情報について

  1. 提出していただいた登録申請書の情報は、実施機関(伊勢市担当課・伊勢警察署・地域包括支援センター)で、登録者名簿として情報を共有します。
    ※登録者の情報等が変更になった場合や登録を取り下げる場合は、登録変更(取り下げ)届の提出をお願いします。
  2. 行方不明と思われる場合には、ご本人を驚かせることがないように配慮しながら、お声をかけさせていただく場合があります。その際に安全にご家族のもとに帰れるよう、協力機関などに登録情報を提供させていただく場合があります。

登録後にしていただくこと

登録をされた方には、反射材シール(10組)お渡しします。

  1. シールを登録者の靴や鞄、杖等いつも身につける物に貼ってください。
    • シールには3桁の登録番号が書いてあります。事前に登録された情報と照らしあわせて、身元確認が行えるようになっています。
    • シールを貼ることで行方不明になった場合に、いち早く身元確認が行え、早期発見・保護することで、ご家族の安心につなげます。
      また、住み慣れた地域において、日常からの見守りや気配りにもつながります。

写真:反射材シール


写真:シール貼付け例(1)

イラスト:杖に貼ったシール


写真:シール貼付け例(2)


  1. 靴の内側や服、日頃の持ち物などに「氏名・住所」等を書いておくことも、早期発見につながります。

行方不明になった場合には

まずは、伊勢警察署へ連絡をしてください。
伊勢警察署 電話:0596-20-0110
※行方不明者捜索が必要になった場合には、伊勢警察署に「行方不明届」が必要となります。
※この時、認知症高齢者等SOSネットワーク「いせ見守りてらす」に登録していることを必ず伝えてください。

反射材シールを貼ってある人を見かけたら

反射材シールを貼ってある人を見かけたら、伊勢警察署(電話:0596-20-0110)や市の担当課(高齢者支援課 電話:0596-21-5583)へ連絡をお願いします。
関係機関からご家族などに連絡をし、無事に家へ帰っていただくことができるようにしていきます。

認知症高齢者等SOSネットワーク「いせ見守りてらす」イメージ図

イメージ図:安心、警察、消防、店舗・交通機関・金融機関等、民生委員・児童委員、自治会、社会福祉協議会、介護保険・サービス事業所、地域包括支援センター、行政

問い合わせ先

高齢者支援課 包括支援係
電話:0596-21-5583
ファクス:0596-20-8555

申請書

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

高齢者支援課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館1階
電話:0596-21-5611
ファクス:0596-20-8555
高齢者支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。