建物を新増築または取り壊したときの固定資産税

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004482  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

建物を新築・増築しますと、その翌年から固定資産税・都市計画税の課税の対象となります。
課税課の職員が家屋評価に伺いますので、ご協力をお願いします。

家屋を新築・増築された方は「家屋を新築・増築された方へ」をお読みください

また、建物を取り壊しますと、その翌年からは固定資産税がかかりませんので、該当する方は建物の滅失届出書を提出してください。(電話でも受け付けます。)
なお、登記されている建物の場合は、法務局の滅失の登記を忘れずに行ってください。

申請書

固定資産税に関する申請書

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

課税課固定資産税係
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
本館1階
電話:0596-21-5532~5533
ファクス:0596-21-5535
課税課固定資産税係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。