全国家計構造調査

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1013113  更新日 令和3年10月8日

印刷大きな文字で印刷

全国家計構造調査は、家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準、構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的とした調査です。

調査結果は国や地方公共団体において、国民年金・厚生年金の年金額の検討、介護保険料の算定基準の検討、生活保護の扶助額基準の検討、税制改正に伴う政策効果の予測、所得格差・資産格差の現状把握、高齢者の金融資産保有状況の把握など、重要な政策に利用されます。

実施機関

総務省統計局

調査対象

全国から無作為に選定した約90,000世帯

調査期間

2019年10月及び11月の2か月間

調査周期

5年

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

企画調整課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
本館2階
電話:0596-21-5510
ファクス:0596-21-5522
企画調整課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。