三重県内の活断層

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1001570  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

三重県の防災ホームページ「防災みえ.JP」において、内陸直下型地震に対する意識の向上と、防災に関する取り組みの促進を目的として、三重県内全域の詳細な活断層図や三重の活断層パンプレットが公表されています。

震度分布図と地震被害想定結果

三重県では、平成25年度に陸域の活断層を震源とする地震についても、「養老-桑名-四日市断層帯」、「布引山地東縁断層帯(東部)」、「頓宮断層」の三つの活断層を対象とし、地震のよる震度分布や液状化危険度分布の様相と、その地震による人的被害、物的被害の想定結果をとりまとめました。
この被害想定調査結果から「震度分布図」と伊勢市の「地震における全壊・焼失棟数」の想定結果を抜粋して掲載しています。

養老―桑名―四日市断層帯

図:養老-桑名-四日市断層帯

布引山地東縁断層帯(東部)

図:布引山地東縁断層帯(東部)

頓宮断層

図:頓宮断層

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

危機管理課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5523
ファクス:0596-20-3151
危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。