台風の豆知識

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1001571  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

日本は「台風銀座」といわれるほど、毎年多くの台風に見舞われ、大きな被害がもたらされています。台風による被害を最小限にくい止めるためにも、日頃からの心構えと準備が大切です。

熱帯低気圧の分類

最大風速

分類

17m/秒未満

熱帯低気圧

17m/秒以上

台風

台風の大きさ

平均15m/秒以上の強風域の半径

分類

500km未満

表現なし

500km以上800km未満

大型(大きい)

800km以上

超大型(非常に大きい)

台風の強さ

最大風速

分類

33m/秒未満

表現なし

33m/秒以上44m/秒未満

強い

44m/秒以上54m/秒未満

非常に強い

54m/秒以上

猛烈な

風の強さと人・建物などへの影響

平均風速(m/秒) おおよその時速 予報用語 人への影響 建造物などの被害
15~20 ~70km 強い風 風に向かって歩けない
  • ビニールハウスが壊れ始める
  • 小枝が折れる
  • 看板やトタン板が飛ぶ
20~25 ~90km 非常に強い風(暴風) しっかりと身体を確保しないと転倒する
  • 鋼製シャッターが壊れ始める
  • 瓦が飛び、テレビアンテナが倒れる
25~30 ~110km 非常に強い風(暴風)
  • 立っていられない
  • 屋外での行動は危険
  • ブロック塀が壊れる
  • 雨戸が外れる
  • 樹木が根こそぎ倒れる
30~ 110km 猛烈な風
  • 立っていられない
  • 屋外での行動は危険
屋根が飛ばされたり、木造住宅が倒れることもある

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

危機管理課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5523
ファクス:0596-20-3151
危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。