花火大会 概要

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002888  更新日 令和2年6月19日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、令和2年開催予定の第68回伊勢神宮奉納全国花火大会は中止となりました。
※以下は、令和元年度(第67回大会)の概要案内です

名称

令和改元記念 第67回伊勢神宮奉納全国花火大会

日時

令和元年7月13日(土曜日) 午後7時15分~午後9時00分

会場

伊勢市宮川河畔(度会橋上流)

主催

伊勢神宮奉納全国花火大会委員会
伊勢市、公益社団法人伊勢市観光協会、伊勢商工会議所、伊勢小俣町商工会、中日新聞社

後援

国土交通省、経済産業省、観光庁、三重県、一般財団法人伊勢神宮崇敬会、公益社団法人伊勢志摩観光コンベンション機構、公益社団法人日本煙火協会、公益社団法人日本観光振興協会関西支部、公益社団法人三重県観光連盟、株式会社ZTV 伊勢放送局、NHK津放送局、近畿日本鉄道株式会社、JR東海、一般社団法人志摩市観光協会、CBCテレビ、東海テレビ放送、東海ラジオ放送、鳥羽市観光協会、中日本高速道路株式会社、三重交通株式会社、三重県観光開発株式会社、三重テレビ放送、株式会社BS-TBS

大会紹介

日本三大競技花火大会!!
審査員気分でこだわりの花火鑑賞を!

全国で神宮といえば、伊勢神宮を指します。当大会は、神宮に花火を奉納する唯一無二の大会として、昭和28年に斎行された第59回神宮式年遷宮を記念してはじめられました。
全国でも早い時期に開催されるこの大会は、北は秋田県、南は鹿児島県など、全国各地から選抜された花火師たちが神宮に奉納し、日頃の研鑽の成果を神都伊勢の夜空に放揚する「競技花火大会」です。また、花火師たちがその年の安全を祈願する場ともなっています。

競技部門は、各花火師が5号玉(直径約15cm)3発、10号玉(直径約30cm)1発を順に放揚する『打上花火の部』40組、様々な花火がリズミカルに打ち上がる『スターマインの部』10組から構成されます。
何と言っても競技大会ならではの芯入り花火や創造花火は見る者をうならせます。花火玄人でなくともその凄さを体験できる、全国屈指の高レベルな花火大会にご期待ください。

競技大会はもちろん、大会提供オープニングスターマイン、中盤スターマインも見どころです。

また、 今年は平成の時代に感謝し、新元号に祈りを捧げ、令和改元記念スターマインを放揚します。

さらに、平成31年1月4日に新たに開院した、新市立伊勢総合病院の開院を記念し、地元花火師によるスターマインを放揚します。

そして、大会クライマックスを飾るのは迫力のワイドスターマイン。感動のフィナーレの演出をぜひお楽しみください。

競技部門

打上花火の部(5号玉3発、10号玉1発)
スターマインの部

審査

公益社団法人日本煙火協会をはじめ、専門家、芸術家など7名(内2名は保安審査員)を審査員とし、芸術面、安全面などを総合的に判断し、花火の完成度を審査します。第59回大会より、国土交通省・経済産業省・観光庁から後援をいただき、国土交通大臣賞、観光庁長官賞をいただいております。また、入賞者には、神宮などから賞状、副賞が授与されます

発数

約10,000発

イラスト:花火

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

観光振興課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5566
ファクス:0596-21-5651
観光振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。