月僊筆仏涅槃図

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005883  更新日 令和2年6月16日

印刷大きな文字で印刷

げっせんひつ ぶつねはんず

指定区分
指定種別
有形文化財(絵画)
指定年月日
昭和33年12月22日
所在地
伊勢市中之町101
管理者
寂照寺
月僊筆仏涅槃図
撮影:名古屋市博物館

概要

寂照寺の住職を務めた画僧、月僊の描いた涅槃図(釈迦の臨終の様子を描いたもの)です。
ほぼ畳三枚分の彼の作品中でも屈指の大作で、表具の牡丹の花びらや人物の顔貌の描写に陰影法の使用が認められることから、月僊の洋風表現の関心を裏付ける作品とする指摘がなされています。

参考文献:『伊勢市史』第7巻 文化財編

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。