紙本著色九鬼嘉隆像

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009535  更新日 令和2年6月15日

印刷大きな文字で印刷

しほんちゃくしょくくきよしたかぞう

指定区分
指定種別
有形文化財(絵画)
指定登録
明治45年2月8日
所在地
伊勢市朝熊町字岳
管理者
金剛證寺

概要

衣冠束帯の姿で、右手に笏を持ち、長刀をはき、全体に戦国武将としてふさわしい風格を示しています。上部の賛辞に「時慶長丁未冬日」とある事から慶長12年(1607)に近い頃の作と考えられます。
この像は嘉隆の孫の丹波国綾部城主九鬼隆季が寛文12年(1672)に嘉隆の祠堂料とともに金剛證寺に寄進しました。

参考文献:『伊勢市史』第7巻 文化財編

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。