紙本著色伊勢両宮曼荼羅図

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009537  更新日 令和2年6月15日

印刷大きな文字で印刷

しほんちゃくしょくいせりょうぐうまんだらず

指定区分
指定種別
有形文化財(絵画)
指定登録
昭和43年3月22日
所在地
伊勢市宇治館町1番地
管理者
神宮

概要

伊勢参詣曼荼羅とも呼ばれています。参詣曼荼羅とは、16世紀から17世紀にかけて神社や寺院への参詣誘致を目的として制作された宗教的な案内図です。
本図は伊勢参宮案内を目的としたもので、外宮の御師の家に伝わったものと言われています。
建物や風景は象徴的に鮮やかな色彩で描かれ、武士・庶民の老若男女や子どもが群集する様子は、景色とよく調和して当時の民衆の伊勢信仰の様子を知る事ができます。

参考文献:『伊勢市史』第7巻 文化財編

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。