高倉山古墳

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005935  更新日 令和2年6月15日

印刷大きな文字で印刷

たかくらやま こふん

指定区分
指定種別
史跡
指定登録
昭和48年12月5日
所在地
伊勢市豊川町
管理者
神宮

概要

標高116メートルの高倉山山頂に築造された円墳です。
埋葬施設は巨大な両袖式の横穴式石室1基で、全長で全国第6位、玄室の長さと面積では第2位です。
石室は時代により神宝庫、霊窟といわれ、岩戸信仰も重なって江戸時代には参詣者が多く訪れました。

参考文献:『伊勢市史』第7巻 文化財編

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。