高齢者用肺炎球菌予防接種

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002553  更新日 令和3年4月9日

印刷大きな文字で印刷

※このワクチンは、新型コロナウイルス感染症による肺炎を防ぐものではありません。

※新型コロナウイルス感染症ワクチンとその他の予防接種を受ける場合には、13日以上の間隔をあける必要があります。

「定期接種」高齢者用肺炎球菌

「肺炎球菌」という菌による肺炎球菌感染症を予防します。

肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。
肺炎球菌には93種類の血清型があり、定期接種で使用される「ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」は、そのうちの23種類の血清型に効果があります。※全ての肺炎を予防するわけではありません。

対象者・接種回数

過去に肺炎球菌ワクチン ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を一度も受けたことがない方のうち、接種日に市内に住所を有し、次のいずれかに該当する方。

  1. 下記の表に該当する方。

令和3年度中に到達する年齢

対象となる生年月日

65歳

昭和31年4月2日生~昭和32年4月1日生の方

70歳

昭和26年4月2日生~昭和27年4月1日生の方

75歳

昭和21年4月2日生~昭和22年4月1日生の方

80歳

昭和16年4月2日生~昭和17年4月1日生の方

85歳

昭和11年4月2日生~昭和12年4月1日生の方

90歳

昭和 6年4月2日生~昭和 7年4月1日生の方

95歳

大正15年4月2日生~昭和2年4月1日生の方

100歳

大正 10年4月2日生~大正 11年4月1日生の方
  1. 60歳から64歳で、心臓・腎臓・呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫機能に一定の障がい(身体障害者手帳1級程度)がある方

※接種券は1.の表の年齢となる方へ郵送しています。
(これまでに伊勢市の助成を受けた方へは送付しておりません。)2.の対象となる接種希望の方は中央保健センター(健康課)へご連絡ください。

料金 3,000円

(接種料金8833円のうち、市が5833円を助成しています。)
※1人につき生涯1回助成。
※費用の免除
接種対象の人で、生活保護を受けている方は、事前に申請をすると無料になります。接種する1週間前までに、健康課・生活支援課・各総合支所生活福祉課・各支所へ申請してください。

持ち物

  1. 接種券(3月末に郵送しました。)
  2. 健康保険証
  3. 健康手帳(持っている方のみ)

接種券は、医療機関にて予診票と引換えてください。

※既にニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を受けたことがある方は対象となりません。

※この制度は平成26年度にはじまり、各当該年度に65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳となる人を対象としています。

※対象年齢外の方が接種を希望される場合や、2回目以降の接種は任意接種(全額自己負担)となります。接種料金は医療機関によって異なりますので、かかりつけ医へお尋ね下さい。

長期療養の方の定期予防接種について

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により、定期の予防接種の機会を逸した方について、接種する機会が設けられています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康課(中央保健センター)
〒516-0076
三重県伊勢市八日市場町13番1号
福祉健康センター2階
電話:0596-27-2435
ファクス:0596-21-0683
健康課(中央保健センター)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。