津波に備えて

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1001564  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

強い地震または弱い地震であっても長い時間ゆっくりした揺れを感じたら

イラスト:海岸から避難している家族


  • すぐ海浜から離れましょう
  • 海浜にいる人は、「より遠く」、「より高いところ」へ避難することが大切です。

ラジオ・テレビ・防災行政無線等で正しい情報を入手

  • 地震を感じたら、テレビ、ラジオですぐに情報を確認してください。
  • 震度4以上の地震が起こった場合、または津波注意報・津波警報・大津波警報が発表された場合は、防災行政無線から放送されます。

イラスト:津波警報を聞いている様子

津波警報が発表されたらすぐ避難

  • 地震を感じなくても、津波警報が発表されたら沿岸の危険な区域にいる人はすぐ避難しましょう
  • 陸で感じる地震が小さくても、非常に大きな津波が襲ってくることがあり、油断は禁物です。
  • 危険な地域にいる人は避難してください。

イラスト:避難している様子


  • 津波注意報でも海水浴や磯釣りは危険なので行わないでください
    津波注意報は予想される津波の高さが高いところで0.2m以上、1m以下の場合であって、津波による災害のおそれがある場合に発表されますが、海岸部での海水浴や磯釣りは危険なので絶対行わないでください。
    津波の前に引き潮があるとは限りません。

イラスト:海岸から避難している釣り人

引き潮が起こらなくても津波に注意

  • 津波が起こる前触れとして、引き潮が必ず起こるとは限りません。
  • 川の流れに逆らって、河口からさらに上流へ逆流する津波があるので気をつけましょう
  • 河を逆流する津波の速さは、秒速10m(時速36km)にもなることがあります。波が橋を押し流したり、堤防を越えてあふれ出すこともあるので、避難は川沿いを避けましょう。

津波予報の種類

津波予報は、「津波注意報」、「津波警報」、「大津波警報」があります。「津波の高さ」は平常時の潮位と津波の潮位の差です。「最大浸水深」とは異なりますので注意してください。

予想される津波の高さ

大津波警報

  • 数値での発表(発表基準)
    10メートル超、10 メートル、5メートル
  • 巨大地震の場合の表現:巨大
  • とるべき行動
    沿岸部や川沿いにいる人は、直ちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。 津波は繰り返し襲ってくるので、津波警報が解除されるまで安全な場所から離れないでください。
  • 想定される被害
    木造家屋が全壊・流失し、人は津波による流れに巻き込まれる。

津波警報

  • 数値での発表(発表基準)
    3メートル
  • 巨大地震の場合の表現:高い
  • とるべき行動
    沿岸部や川沿いにいる人は、直ちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。 津波は繰り返し襲ってくるので、津波警報が解除されるまで安全な場所から離れないでください。
  • 想定される被害
    標高の低いところでは津波が襲い、浸水被害が発生する。人は津波による流れに巻き込まれる。

津波注意報

  • 数値での発表(発表基準)
    1メートル
  • 巨大地震の場合の表現:表記しない
  • とるべき行動
    海の中にいる人は、ただちに海から上がって、海岸から離れてください。
    津波注意報が解除されるまで海に入ったり海岸に近付いたりしないでください。
  • 想定される被害
    海の中では人は速い流れに巻き込まれる。
    養殖いかだが流失し小型船舶が転覆する。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

危機管理課
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5523
ファクス:0596-20-3151
危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。